松本ウメさんは、葛尾の家に戻るたびにまず仏壇に手を合わせる。先祖に「見守ってて」とお願いするという。