村での再開を決意した酪農家の施設には5年間放置された痕跡が残る。「村内で酪農家が一人いれば、遊休地を有効に使うことができる。それをやるのは自分しかないと決意した」という。