The PHOTO JOURNALは、フォトジャーナリズムを通して今私たちの周りで起きていることを伝えるために発刊されました。何にも影響されず事実を伝えるために、収益を目的としない閲覧無料の媒体です。ジャーナリズムの大きな目的は、世の中で起きていることを多くの人に知ってもらうことです。本サイトを無料にすることで出来るだけ多くの人に見てもらいたいと願っています。thephotojournal

NEW

Vol.19
子どもの声が戻った街
避難指示解除から1年
福島・南相馬市小高区

 「高校生が登下校でここを通るでしょ。若い子たちの笑い声が戻ってきて、だいぶ変わったよね。」と、JR小高駅からほど近い場所で鮮魚店の谷地魚店を営む谷地茂一さんは話した。福島県南相馬市小高区は、避難指示が昨年7月12日に解除(帰還困難区域の1世帯2人を除く)されてから1年が経った。

>>記事を読む

PICK UP

Vol.10
みんなとつながれる場所
行方不明の娘 捜し続ける

 秋には一面を黄色く染めていたセイタカアワダチソウが、今は枯れ果て、津波で洗い流された福島県大熊町の熊川地区を茶色く覆っている。時折吹く風と、崩れた防波堤に打ち付ける波の音以外は何も聞こえない。その中をひとり、木村紀夫さんがクワを持って歩き続けている。原発事故による放射能汚染で立ち入りが厳しく制限される中、4年以上もの間、津波で行方不明になった娘を捜し出すために――

>>記事を読む

>>記事を読む

HTMLで記事をご覧になれます

PDF紙面がご覧になれます
 

・低画質 約3MB
 ※スマホ/タブレット用

・高画質 約10MB
 ※タブレット/PC用

Vol.19

子どもの声が戻った街

避難指示解除から1年

​福島・南相馬市小高区

>>記事を読む

Vol.17

阿蘇 自然とともに生きる 2

​熊本地震から8ヶ月

>>記事を読む

Vol.14
せめて故郷で
全村避難の飯舘村
>>記事を読む

Vol.18

生涯かけて 償う

東京電力 福島復興本社

石崎代表に聞く

>>記事を読む

Vol.16

村に戻れるとき

福島県葛尾村

​原発事故の避難指示解除

>>記事を読む

Vol.13
村が消えた

ネパール大地震③

>>記事を読む

ネパール大地震
2015. 5. 9

Vol.15

阿蘇 自然とともに生きる

熊本地震

>>記事を読む

Vol.12
言えなかった ありがとう

ネパール大地震②

>>記事を読む

Vol.11

崩れ落ちた街

ネパール大地震①

>>記事を読む

Vol.8
わが子と同じ

福島県伊達市

五十沢のあんぽ柿

>>記事を読む

Vol.5
苦難乗り越え 出陣

福島県相馬地方

4年目の相馬野馬追

>>記事を読む

Vol.2
それでも花は咲く

福島県富岡町 夜の森の桜

>>記事を読む

Vol.10
みんなとつながれる場所

行方不明の娘 捜し続ける

>>記事を読む

Vol.7
昔の風景 取り戻したい

福島 米農家の意地

>>記事を読む

Vol.4
人間も捨てられる

福島から牛連れ抗議

>>記事を読む

Vol.9
ふたつのおめでとう

津波に奪われた娘の卒業 
そして今日も息子を捜す

>>記事を読む

Vol.6

供養の夏

東日本大震災被災地

4度目のお盆

>>記事を読む

Vol.3
伝統絶やさない

福島県川内村

神楽、震災からの復活

>>記事を読む

Vol.1
消え行く迷宮

新疆ウイグル自治区

カシュガルの老城

>>記事を読む